アレルギー性鼻炎を解消しよう

風邪をひいたわけでもないのに、鼻水やくしゃみが止まらない方は、アレルギー性鼻炎かもしれません。アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜の炎症でおこります。近年、アレルギー性鼻炎になる人の数は増えていますが、解消法やならない為の対策はあるのでしょうか?

アレルギー性鼻炎が起こる原因

体は、体に対して悪い物、たとえば病原体やウイルスなどが侵入してくると、それらから体を守るために免疫機能が働きます。インフルエンザにかかると高熱が出てくるのも、インフルエンザウイルスと体の免疫機能が戦っているためだからです。しかしごくまれに、体に対して一切、悪くない物に対してまで免疫機能が過剰に働いてしまうことがあります。それがアレルギーです。たとえば特定の食べ物や動物の体毛、ほこり、また特定植物の花粉などが、このアレルギーを引き起こす原因物質の一例として挙げられます。これらによってアレルギーが引き起こされると、様々な症状が体には出てきます。アレルギー性鼻炎も、このアレルギーによって出てくる症状のひとつです。具体的には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが症状としては挙げられ、どれも命に直結するような症状ではありませんが、日常生活には支障を来すことがある、とても厄介な症状です。何故、アレルギー性鼻炎が引き起こされるのかと言うと、原因物質が体内に入ると、マクロファージと呼ばれる細胞がそれを食べ、『体にとって悪い物が入ってきた』と言う情報をリンパ球に伝えることから始まります。リンパ球はその情報をもとに、次にその原因物質が入ってきた時に備えて、その原因物質に対抗するための物質、抗体を作り出します。そしてこの抗体は、粘膜や血液内にある肥満細胞に結合します。そしてまた、原因物質が入ってくると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、原因物質と抗体ががっちりと結合します。するとこれが引き金となって、炎症を引き起こ物質が放出されます。その中には知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を引き起こすヒスタミンや、鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こすロイコトリエンなども含まれているため、アレルギー性鼻炎が起こると言うのがメカニズムです。原因物質を少しでも体外に出そうと、体が働いていると言うわけです。